ウェブライターとして色んなジャンルを書けるようにするために

 

ウェブライターとして活動する土壌としてクラウドソーシングがあります。ネット環境があれば性別年齢関係なく仕事ができるようになりましたから便利な世の中になりましたね。そんなウェブライターを職業とされている方にとっていかに報酬を稼ぐかが大切です。毎月50万円稼いでいる人もいれば月数千円といったように報酬もそれぞれ違ってきますが、どうすれば稼げるようになるか知りたくないですか?

 

ライターとして稼ぐための秘訣としては、あらゆるジャンルの記事を書けるようになることです。自分の得意分野だけしか書きたくないと言っても得意分野の依頼がなければ稼ぐことはできません。例えば男性が女性ものの美容商品の記事案件があっても避けるかも知れません。女性ものの美容商品とは言えライターは女性限定でなければ男性が記事を書いても良いのです。その記事が評価されれば、依頼したクライアントから直接仕事依頼をしてくれることに繋がるでしょうし、記事の単価も上がってくるのです。

 

ライターとして稼ぐというよりも成長するためには色んなジャンルの記事にチャレンジしてみることです。記事を書いているうちに書き手としてもそのジャンルに興味を抱き、そのジャンルに詳しくなるのです。こうしたチャレンジを続けることで苦手なジャンルがなくなりオールマイティーにこなせるようになれば単価の高い記事案件を次々にこなせることになります。ウェブライターを始めようと思っているあなたもこのジャンルは嫌だからと敬遠しないでどんどんチャレンジしてどんなジャンルでも対応できるオールマイティーライターを目指しませんか?

 

男性(40代)

稼働時間:50〜100時間/月 | 報酬:10,000円〜30,000円/月 | ライター歴:3年以上