在宅ワークならライターがおすすめ!ライターってどんな仕事?

 

 

ライター、この言葉を耳にすると、どのようなイメージがありますか?

 

ここでご紹介するのは、たばこに火をつけるライターのことではなく、文章を書く仕事、またはその仕事をしている人のことを言います。

 

一言でライターといっても、実にさまざまなタイプがあり、テレビCMや雑誌広告などの宣伝のキャッチフレーズを作る人のことをコピーライターといい、新聞や雑誌の記事を書くライターもいれば、ホームページに掲載する記事を書くライターもいます。

 

ライターの仕事をするには、特定の企業や事業所、事務所に所属して一社員として活躍している人もいれば、特定の企業や事務所には所属せずに、フリーランサーとして仕事をしている人もいます。

 

企業や事務所に所属しているライターとは違い、フリーランサーとして仕事をしているライターは、自宅がそのまま職場になります。

 

このような形態で仕事をしている人のことをスモール・オフィス・ホーム・オフィスの頭文字をとった呼び方で、SOHOと言います。

 

ライターの仕事を始める前に準備しておきたい物

 

ライターの仕事をするために、最低限揃えておきたい物がいくつかありますのでご紹介しましょう。

 

ここでは、おもに在宅ライター、つまりSOHOワーカーにとって必要な物を中心にいくつかご紹介したいと思います。

 

ライターの仕事をするには、クライアントとの連絡のやりとりで電話を使うことは少なく、メールやスカイプといった手段で連絡をするのが中心です。

 

メールでの連絡のやりとりをするのに、プロバイダのメールアドレスを使用する方法、そしてホットメールやヤフーメール、GメールなどのWEBメールを使っても良いでしょう。

 

また、クラウドワークスやシュフティのようなSOHO求人のマッチングサイトを利用する場合は、メールやスカイプを一切使用せず、サイト内の連絡フォームのみでやり取りを行うことも可能ですので大変便利です。

 

通常、メールで作成した文章を納品する際には、文章作成ソフトとして、ワードやワードパッド、メモ帳などのテキストエディタが必要となります。

 

このようなソフトは、もともとパソコン本体に内蔵されているので、基本的にはパソコン1台あればOKです。

 

作成した文章は、メモ帳などのテキストエディタに貼り付けてメール送信することもありますが、エクセルで納品する場合もあります。

 

また、クラウドワークスのようなマッチングサイトを利用する場合は、サイト上の指定フォーム内に記述するだけで報酬を得ることも出来るため、その際は何もツール等は必要になりません。

 

その他、大前提として必要となるのは、光ファイバーやケーブルインターネット、ADSLなどの高速通信インターネット接続環境となります。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


ライターの仕事をするのに必要なものは?ライターの仕事をするのに必要なものは?

ライターの仕事をするのに必要なものは?ライターの仕事をするのに必要なものは?

ライターの仕事をするのに必要なものは?ライターの仕事をするのに必要なものは?

 

スポンサーリンク