ライターとしてのビジネスマナーの基本をきちんと守ること

 

 

当サイトにご訪問いただいた方々の中には、これからライターの仕事を始める人も、すでに現役ライターとして活躍している人もいますが、ここではライターとしての心得や注意点について挙げておきたいと思います。
ライターの経験が豊富な人でも、新しいクライアントに応募して仕事を請ける時は、緊張感があると思います。

 

ライターの仕事では、電話やスカイプでコミュニケーションをする機会は少なく、メールや連絡フォームのやりとりがほとんどです。
新しいクライアントに応募する時や、ふだん仕事の連絡をする時のメールの書き方には、細心の注意を払いましょう。

 

ライターの仕事は、文章を書くのが基本ですから、応募の際のメールの文章の内容も重視されます。これまでライター求人情報に何度か応募したものの、不採用になる人もいれば、何度応募してもすぐに採用される人もいます。

 

ライターの仕事をするのに、学歴や性別、スキルなどはとくに関係なく、クライアントが求めているのは、メールでの連絡についてレスポンスの速さ、納期厳守、ビジネスマナーがきちんとできているかどうかなど、基本的なことです。

 

ライターとして絶対にやってはいけないこと

 

ライターの仕事を行う上で、絶対に守らなければならないことは、決められた納期をきちんと守ることです。
そして、ライターの仕事を行う上で、絶対にやってはいけないことは、著作権を侵害してはいけないということです。

 

SOHOサイトでライター求人に応募する際に、「文章のコピー・ペーストは著作権侵害行為です。」といった文章が書かれているのを見たことはありませんか?
データ収集の仕事を行う場合は、ネット上に掲載されたデータをエクセルのフォーマットなどにコピーして貼り付けることがありますが、ライターとして文章作成の仕事を行う場合、ネット上に掲載された文章をコピー・ペーストすると、著作権違反とみなされ、トラブルの元となります。
著作権に関する認識が甘いようでは、本物のライターとは言えません。

 

ライターとしてクライアントから仕事を請けた以上は、オリジナルでの文章を作成するのが基本です。言葉は生き物であり、ひとつひとつの言葉には意味があります。
ライターが書いた文章は、生きた文章であり、ライターの個性があります。

 

要するに最も重要なライターの心得は、「クライアントが求めている文章をオリジナルで作成して納期までにきちんと納品すること」、たったそれだけです。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


ライターの仕事を始める前の心得とはライターの仕事を始める前の心得とは

ライターの仕事を始める前の心得とはライターの仕事を始める前の心得とは

ライターの仕事を始める前の心得とはライターの仕事を始める前の心得とは

 

スポンサーリンク