クライアントの意向に沿って文章を書くこと

 

 

もともと文章が上手な人もいれば、下手な人もいると思いますが、人それぞれ文章の書き方、表現力には違いがあり、その違いが出ていることが、ライターとしての個性であり、魅力だと思います。

 

ライターの仕事をするのに、学術的な知識が求められているわけではなく、うまい文章が求められているわけではありません。
肝心なことは、クライアントから仕事の依頼を請けた時に、クライアントの意向に沿って文章を書くことです。

 

たとえば、化粧品やサプリメントなど若い女性をターゲットにした商品について、特徴やメリットについて書く場合は、あまり誇大な表現にならないように気を配りながらも、訴求力のある文章が求められます。

 

とくに、インターネット上に掲載する文章を書く場合は、単に文章の構成力や表現力が求められるだけではなく、グーグルなどの検索エンジンで特定のキーワードで検索した時に、1ページ目の上位にヒットさせたいので、文章の中に指定されたキーワードを自然に盛り込むなど、WEBライティングのテクニックが求められることもあります。

 

ライターとして成長するための文章の上手な書き方

 

ライターの仕事を始めたばかりの頃は、クライアントの要求に応えるのが精一杯ですが、何度か依頼を請けるようになると、気持ちにも余裕が出てくると思います。

 

これから先もずっとライターの仕事を続けたい、そして今よりももっと文章が上手に書けるようになりたい、読み応えのある文章が書けるようになりたいと思い、自分なりに目標ができることと思います。

 

ライターとして文章を書く場合、できあがった文章をクライアントに納品する前に、最初から最後まで読み返すことです。

 

適度に改行を入れて、スペースを空けて読みやすくすることです。

 

文章の中で、とくに重要と思われる部分は、具体的にわかりやすく書くように気を配ると良いですね。

 

文章には必ず語尾がありますが、どの文章も「〜です」「〜ます」で終わっていると、固い印象を受けることもあります。

 

適度に倒置法を用いるなど、時には変化をつけると、意外性が感じられて、読者の目を引きつけます。

 

たとえば、「おいしいコーヒーをぜひ1度、飲んでみたいものです」と書くよりは、「ぜひ1度は飲んでみたい、おいしいコーヒーを」と書いたほうが、より印象づけられます。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


上手な文章を書くコツは?上手な文章を書くコツは?

上手な文章を書くコツは?上手な文章を書くコツは?

上手な文章を書くコツは?上手な文章を書くコツは?

 

スポンサーリンク