MENU

SOHO求人サイトを上手に活用しよう

 

どんなにライティングの才能にあふれている人でも、ただじっと待っているだけでは、仕事は来ません。
そこで、インターネット上のSOHO求人サイトを上手に活用する方法について、ご紹介したいと思います。

 

代表的なSOHO求人サイトとしては、クラウドワークスランサーズが挙げられます。

 

ライターのお仕事探しは、まずはここからがスタートですが、小さな一歩が大きな成長につながります。
ライターの仕事を今すぐにでも始めたい!と思ったら、まずは自分のプロフィールを作成してみましょう。

 

SOHO求人サイトで応募する際に、プロフィールの書き方は重要ポイントになります。

 

氏名・住所・メールアドレス・電話番号・スカイプID・ライターの経験の有無・これまでに作成した記事があれば参照サイトを掲載すると良いでしょう。

 

SOHO求人サイトからライターの仕事に応募する場合は、履歴書のようにプロフィールを細かく書く必要はありません。

 

ネット上で応募するで、万が一、個人情報が漏れるのではと心配する人もいるようです。

 

求人情報によっては、応募の際に公開するプロフィールについて、あらかじめ項目が決められている場合がありますので、その通りに入力して、送信すればOKです。

 

SOHO求人サイトに登録して求人情報を要チェック

 

ライターの仕事探しには、SOHO求人サイトをおおいに活用すること、そのためにはまずは会員登録の手続きを済ませておきましょう。

 

SOHOサイトの仕組みについて簡単にご紹介したいと思いますが、基本的に登録・利用料は無料で、会員登録するとIDとパスワードを入力してログイン後に、マイページにアクセスすることができます。

 

マイページには、登録された個人情報やこれまでに応募・採用された実績などを把握することができます。

 

ライターの求人が多数掲載されているSOHO求人サイトには、クラウドワークス、ランサーズ、シュフティ、ココナラ、@SOHO、SOHOビレッジ、ジョブポータルなどがあります。

 

上記は登録料や月額料などの固定費用が発生することはなく、誰でも無料で利用できます
実際に仕事を完了した際に、契約料の一部が依頼者側に請求されるシステムが一般的です

 

他にも良質なSOHOサイトが多数ありますが、登録の際に本名・住所が必須となっているサイトもあれば、ハンドルネームのみ、住所の入力はしなくても良い場合もあります。

 

国内最大規模のSOHO求人サイト・クラウドワークスでは、登録用メールアドレスを入力・送信すると、そのメールアドレスに確認メールが届いて、その中に書かれているホームページアドレスをクリックして、登録手続きを行います。
SOHO求人サイトとしての実績・信頼が高くて、数多くのSOHOワーカーに厚く支持されています。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


仕事を見つける方法は?仕事を見つける方法は?

仕事を見つける方法は?仕事を見つける方法は?

仕事を見つける方法は?仕事を見つける方法は?

 

スポンサーリンク