ライターの報酬が気になる!月収・年収はどれくらい?

 

 

現在、ライターとして活躍しているSOHOワーカーは、全国各地にたくさんいますが、気になるのはやっぱり報酬ですよね。
基本的にフリーランサーですから、頑張って働いた分が報酬となります。

 

ライターの仕事を行う上で、常に切れ間なく仕事がどんどん入ってくるようになれば、効率良く仕事ができるので、月収・年収アップにもおおいに希望が持てると思います。
ウェブライティングでは、ホームページやブログに掲載する記事を書く仕事が中心ですね。
クライアントによっては、1記事につき何文字程度、1記事あたりの単価はいくらといった形で決められている場合もあれば、1文字単価がいくらと決まっていて、入力した文字数をかけて計算する場合もあります。

 

ブログに掲載する記事の作成を依頼される場合、ブログ記事のみを書くこともあれば、ブログ記事の作成とともにブログに投稿する場合もあります。
または、ブログ記事を作成して投稿する際に、写真や画像をアップする場合もあります。
仕事の分量や難易度によっても、単価・報酬には格差が生じているため、月収や年収は人それぞれ個人差があります。

 

記事のテーマやジャンルによって単価・報酬に格差が生じることも

 

SOHO求人サイトを閲覧していると、1記事1000文字程度の報酬が1000円と定めているクライアントもいれば、1文字あたりの単価が0.3円で1記事1000文字程度と定めているクライアントもいます。
この2つを単純に比較すれば、1記事1000円のクライアントが出した求人に応募が殺到することと思います。

 

しかし、記事のジャンルやテーマによっては、専門的な知識が求められるため、新聞や書籍、ネットの記事などを読んでしっかりと頭に入れてから記事を書かなくてはならない場合もあります。

 

稼げるライターになりたい!と思い、単価・報酬が高い案件に応募しても、クライアントから提示されるテーマやジャンルが、自分に合わないものだと、記事を書きづらくなることもあります。
単価・報酬が高い案件だと、応募者が集中するため、採用されるまでにトライアル記事の提出が求められる場合もあります。
ライターとしての経験が浅いうちは、単価・報酬が高い案件に応募するよりも、あまり背伸びをしないことです。
単価が少しくらい低くても、無難に書けそうなテーマを選び、数をたくさんこなすことで、効率良く稼ぐこともできます。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


実際にいくらくらい稼げるの?実際にいくらくらい稼げるの?

実際にいくらくらい稼げるの?実際にいくらくらい稼げるの?

実際にいくらくらい稼げるの?実際にいくらくらい稼げるの?

 

スポンサーリンク