MENU

効率良く稼ぐには仕事は複数のクライアントから請けること

 

 

ライターの仕事を始めた頃は、クライアントの要求に応えるのが精一杯ですが、何事も経験を重ねていくうちに、自然に余裕が生まれてくるものです。

 

ライターの仕事をして効率良く稼ぎたいと思うなら、クライアントは1社だけではなく、2社3社と複数で掛け持ちすることをおすすめします。

 

その理由を挙げると、1社のクライアントから仕事をコンスタントに請けていても、記事の納品を終えてから次の仕事が来るまでに、時間が空くこともあります。

 

空いた時間があれば、ライターとしてのスキルアップのために本を読んだり、文章の上手な書き方について勉強する時間に充てるのも良いでしょう。

 

しかし、もっと効率良く稼ぎたいと思うのなら、できるだけ時間が空かないようにして、他の案件にも積極的に応募して、複数のクライアントから仕事を請けておくと、間があかなくなるので、ライターとしての多忙な日々を過ごすこととなります。

 

リピーターで仕事が来ればライターとして効率良く稼げます

 

ライターのSOHO求人に応募する際に、単価・報酬の高い案件を中心に応募する人もいますが、報酬が高い分、クライアントからの要求度が高くなり、ライターとして高いレベルが求められる場合もあります。

 

単価・報酬が高くても、記事を書くのに長い時間がかかるようでは、仕事効率が悪くなります。

 

少しくらい単価・報酬が低くても、自分の希望するジャンルやテーマに見合う記事を書かせてくれるクライアントを選んだほうが、記事の方向性が合っているので、納品を終えた後にも、また次の仕事が来る可能性が高いですね。

 

ライターとして効率良く稼ぐには、できるだけ複数のクライアントから仕事を請けて、リピーターで仕事が来るように努力することです。
クライアントによっては、「どのようなジャンルの記事が書けますか?」と質問されることもありますので、自信を持って書けるジャンルについて、クライアントに提案すると良いでしょう。
レスポンスをスピーディーにして、コミュニケーションを円滑に行うことでライターとしての信頼性が高まり、お互いに良い雰囲気で、楽しく仕事ができるようになります。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


稼げるライターになるコツは?稼げるライターになるコツは?

稼げるライターになるコツは?稼げるライターになるコツは?

稼げるライターになるコツは?稼げるライターになるコツは?

 

スポンサーリンク