MENU

文章を書く前に他人が書いた文章をたくさん読む習慣をつけよう

 

 

ライターの仕事をしていて、いまひとつ表現力が足りない、語彙が少なくてテーマに沿った記事がすらすら書けないなど、いろんな悩みが出てくることもあります。
しかし、このような悩みを抱えているということは、ライターといった一歩ずつ成長している証拠でもあります。

 

今よりももっと上手に文章が書けるようになりたい、表現力をもっと身につけたいなど、ライター必須のライティングテクニックについていくつか、ご紹介したいと思いますが、その前に、文章表現に自信がない人は、空いた時間に新聞のコラムや週刊誌、雑誌、インターネットの記事など何でも良いので、文章を読む習慣をつけることをおすすめします。

 

パソコンの前で文章入力していても、良い文章が浮かばないこともありますので、そんな時はパソコンから離れて、気分転換も兼ねて書店や図書館に足を運んではいかがでしょうか。
上手な文章を書くには、他のライターが書いた文章を読んで、読解力をつけることも必要です。その中から多くのことを吸収できると思うので、たくさんの本を読んでおくと良いですね。
ライターとして成長するための要素は、その中にたくさんあると思います。

 

ライター必須のライティングテクニックをご紹介します

 

そもそも、上手な文章とはどのような文章のことを指しているのでしょうか。言いたいことが自然に伝わり、読みやすい文章、わかりやすい言葉で表現されている文章だと理想的ですよね。

 

1つの文章の中で、助詞の使い方ひとつ違うだけでも、伝わり方には大きな違いがあります。
「〜になる」「〜となる」という表現では、かなりの違いがあります。事例をあげると、「パートから正社員となった」「パートから正社員になった」と表現するのでは、パートから正社員になるまでの過程に違いがあるように感じられます。

 

「正社員になった」という書き方だと、自然の流れでそのようになったというイメージですが、正社員となった」の表現だと、正社員という言葉がより強調されていて、パートから正社員になることは、苦労が多いことが推測されます。より印象づけたい場合は、「に」よりも「と」を使うほうが、適しています。

 

 


クラウドワークス シュフティ ランサーズ



会員数100万人以上を誇る国内最大のクラウドソーシング。
豊富な案件数の中で、ライティングのお仕事も充実しており、契約率が非常に高いのが魅力です。




ライティングなどの事務作業に特化したSOHOサイト。
2007年から運営されている老舗なので、安心して利用できます。



国内最大級のSOHO案件数で、取り揃えている案件が非常に豊富です。
様々な働き方に柔軟に応えてくれます。


表現力豊かなライターを目指すための秘訣表現力豊かなライターを目指すための秘訣

表現力豊かなライターを目指すための秘訣表現力豊かなライターを目指すための秘訣

表現力豊かなライターを目指すための秘訣表現力豊かなライターを目指すための秘訣

 

スポンサーリンク