MENU

リピーターで仕事が来るように連絡・報告・相談をこまめに

 

 

現在、ライターとして活躍している人の中には、出版社の社員として働いている人もいれば、フリーでライターをしている人もいますが、この仕事の魅力はなんといっても空いた時間を活用して在宅でできることですよね。

ライターとは、基本的には文章を書く仕事やキャッチコピーを考える仕事など、幅広いジャンルがありますが、どちらかと言えば長い文章を書くライティングの仕事のほうが、やりやすいようです。

キャッチコピーを考える仕事は、ポスターやチラシの宣伝文句やテレビCMのキャッチフレーズなどを作るので、かなり強烈なインパクトを残す必要があり、多くの人に直接的に訴求する力などが求められます。

在宅ライターの仕事は、ほとんどの人が文章を書く仕事中心ですから、ネットや書籍で必要な情報を入手して自分の言葉にして書きますが、オリジナリティが求められるとともに、読者にとってわかりやすい文章でなければなりません。

在宅ライターの仕事で効率良く収入を得るには、クライアントから何度もリピーターで仕事を請け負うことです。中には、1度仕事の依頼が来たものの、納品した内容の質が悪い、または納期がきちんと守られていない、連絡の仕方が悪いなどの理由で、1度きりの発注になる可能性もあります。

ほうれんそうという言葉がありますが、報告・連絡・相談、この3つの要素についてクライアントとしっかりコミュニケーションすることで、信用を得られるようになればリピーターで仕事が来るようになり、単価・報酬アップの可能性大ですね。

 

 

 

副業比較.net 〜パソコン・スマホで稼げる在宅ワーク〜

少しでも副収入を増やしたい、同じ職種の先輩方のノウハウを参考にしたい、そんな方々にとってお役に立てるような有益な情報提供が満載です!